大友克洋『AKIRA』解説あらすじ

大友克洋

始めに

始めに

今日は大友克洋『AKIRA』についてレビューを書いていきます。

スタイル、背景知識

メビウス流のリアリズム

 大友克洋といえば、その圧倒的に緻密なリアリズムが特徴です。バンドデシネのメビウスなどからの影響が顕著で、迫力には圧倒されます。フォロワーの吉田秋生(『BANANA FISH』)などはもっと少ない端正な線で描写しますが、大友の背景などの描き込みは本当に圧巻です。筆力という点では宮崎駿に匹敵する才能です。

テクノワール、無国籍

 ジャンル的にはテクノワールに当たるような内容で、アラン=ドワンを継承する岡本喜八、あるいは鈴木清順のフィルムのような、無国籍でドライなピカレスクが見どころです。大友が好んだリドリー=スコット監督『ブレードランナー』と比べても、演出の完成度は高いです。

 また大友克洋のアラン=ドワンや東宝、日活のモードを継承する無国籍なムードは、松本大洋『鉄筋コンクリート』などへと受け継がれます。

作家主義的内容。サスペンスは下手

 ただ、大友克洋はプロットの因果的連なりをデザインしたりすることは苦手だと思っています。本作も「アキラ」の正体をめぐるサスペンス、ミステリーっぽい含みも有耶無耶になっています。

 また宮崎駿の 『もののけ姫』以降の作品に近く、すでに完成されたスタイルを持った作家があるジャンルにコミットしつつ、自分の好き勝手やっている感じがあって見応えはあるのですが、それこそ後期黒澤明(『影武者』)や後期ヒッチコック(『鳥』)などのように、完成度としてはどうなのかというのと、やりたいことはわかるけれどあんまり上手くいっていない感じがあります。

旧友の変節のドラマ

 本作品はチミノ監督『ディア=ハンター』のような、旧友の変節を描くドラマになっています。そうした要素は岸本『NARUTO』などへと受け継がれます。

戦争機械としての若者たち。アメリカの影

 本作は村上龍(『コインロッカー=ベイビーズ』『限りなく透明に近いブルー』)の作品にも似て、アメリカ基地のある土地でアメリカの影を描きます。アメリカ流の超越主義的価値観を身につけたバッドボーイたちがアメリカ、日本といった権力、システムに反逆する戦争機械として生きるあり方を描きます。

物語世界

あらすじ

2019年。東京湾には新首都「ネオ東京」が建設されています。かつての東京、「旧市街」でも、2020年の東京オリンピック開催を機に、都市再開発が進められていました。

 職業訓練校生・金田率いるバイクチームの少年たちは、「爆心地」付近で老人のような少年と出会います。彼はアーミーの研究機関「ラボ」から、反政府ゲリラによって連れ出された実験体・タカシでした。チームのメンバー・鉄雄は、避けようとして事故を起こします。鉄雄は治療のためタカシと共にラボに連れ去られ、タカシとの接触をきっかけに超能力が目覚めます。退院し学校に戻ってきた鉄雄は、以前とは別人で、敵対する暴走族のメンバーを殺しかけ、止めに入った金田に反抗します。

総評

見応えはあるが大味

 やっぱり『童夢』とか『気分はもう戦争』が完成度としてはベターで、『もののけ姫』以降の宮崎駿作品のような感じで、やりたいことはわかるし巨匠がやりたい放題やっているから見応えはあるけれど、あまりうまくいっていないのも事実かな、という印象です。

関連作品、関連おすすめ作品

参考文献

・南信長『現代マンガの冒険者たち』

コメント

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました